テストステロン 増やす 50代

テストステロンを増やす50代に効果的な方法は?

疲れ

 

分泌量が減ると様々な不調を引き起こす!?

 

男性ホルモンであるテストステロンは20代でピークを迎え、それ以降は年齢を重ねるごとに分泌量が減っていきます。

 

50代にもなると20代と比べてその分泌量は20〜30%も減少してしまうため、
それによって体の疲労感ややる気が起きないといったうつ状態など、肉体的、精神的な不調を引き起こすことがあるのです。

 

女性ほど顕著にあらわれるわけではありませんが、このようにテストステロンが減少することで
男性にも更年期症状が起こることから、できるだけ分泌量を増やすことが健康的な生活を送るためにも重要なのです。

 

 

大切なのは「食事」と「運動」!

 

では、ただでさえテストステロンが減少傾向にある50代から増やすためには
どのような方法が効果的なのかというと、まず大切なのが食事と運動です。

 

テストステロンの分泌を促す効果のある栄養素は亜鉛やビタミンD、アリシンなどがあります。

 

それらを含んでいる食材を摂取するように心掛けたり、
難しければマカなどの精力サプリでこれらの栄養素を摂取していくようにするとよいでしょう。

 

また運動は特に筋トレが効果的となっていますので、無理のない範囲で継続して行うようにしましょう。

 

他にもストレスや睡眠不足はホルモンの分泌量を減少させる原因となりますので、
ストレスをためないようにして、しっかりと睡眠時間を確保することが大切です。